Loading

BLOG

お洒落は足元から!靴下を見せるメンズコーデ方法と選び方!

靴下は周りから見えにくいため、コーデの際につい気を抜いてしまいがち。
しかしおしゃれは足元からという言葉もあるように、靴下にまで気を配らなければ本当のおしゃれとは言えません。
靴下がおしゃれだときちんとしている人、センスのある人という印象が強くなります。
そのためコーデのアクセントになるような、おしゃれな靴下を選びましょう。
全体のバランスを見ながら靴下のカラーや柄、長さを合わせると、ハイセンスな印象を与えられます。

大人メンズのコーデに靴下が重要な理由

衣類や帽子、アクセサリーなどのカラーを上手に組み合わせれば、スタイリッシュなコーデに仕上げることが可能。
しかしファッショニスタのように完成度の高いコーデに仕上げるには、高いセンスが必要です。
またこれまであまりファッションを気にしていなかった大人のメンズがカラフルな衣類を着ると、頑張ってコーデをしている雰囲気が出てかえって老けて見えます。
そのため全体のコーデはシンプルにまとめて、靴下で冒険をするのがおすすめ。
靴下ならば思い切ってカラフルなカラーに挑戦しても失敗は少ないです。
また靴下のおしゃれにも気を配ってコーデをすると、清潔感もアップします。

失敗しない靴下の選び方

大人のメンズが靴下を選ぶ際は、衣類のカラーと相性の良いカラーの靴下を選ぶことが大切です。
一般的には対照的なカラーを合わせると、鮮やかながらもまとまりのあるコーデに仕上がります。
例えば青や青緑には、赤や橙色、黄色などが合います。
大人のメンズはデニムやスラックスなどの青系のボトムスを好む傾向があるので、参考にしてみましょう。
白の靴下は無難で失敗が少ないと思われがちですが、実はスタイリッシュに決めるのは難しいカラーです。
そのため白の靴下はなるべく避けることをおすすめします。

スニーカーにはあえて丈の長い靴下を!

大人のメンズは基本的に長めの靴下を身につけて、座ったときなども肌が見えないようにしたほうが良いです。
肌が見えると、老けて見えたり頼りない印象になったりしてしまうからです。
そのため足首より上のクルー丈やロークルー丈などの、長めの靴下を選びましょう。
スニーカーに合わせる際も、アンクレット丈ではなく長めの靴下を合わせるのがおすすめ。
裾が長いボトムスを履く場合は裾をまくって、あえて靴下を見せるようにしましょう。
そうすれば清潔感のある大人カジュアルコーデに仕上がります。

革靴にもスリークォーター丈がカッコいい

革靴には、短めの靴下や裸足を選ぶ事が最近の流行りですが、裸足に革靴というのは、不衛生で女性ウケが悪いです。
革靴を履く場合は、長めの靴下を合わせてもスタイリッシュに見えます。
ローファーなどの革靴を履く場合も、短い靴下でもいいと思いますが、ここは敢えて長い靴下を合わせましょう。
大人の気品とこなれ感が出ます。
またジーンズとジャケットを合わせるなど、衣類の組み合わせ方によってはイタリアのメンズのようなちょい悪風のコーデに仕上げることも可能です。

派手なカラーを合わせよう

大人のメンズの靴下は、なるべく派手なカラーを選ぶのがおすすめ。
おしゃれ感やこなれ感がグンとアップします。
例えば青系のボトムスとシャツに赤系や茶系のジャケットを合わせるのなら、赤系の靴下を選ぶと良いでしょう。
赤は派手に思えますが、大人メンズでも失敗が少ないカラーです。
しかし靴下の選び方で紹介した対照的なカラーを意識することと、コーデに使われているカラーを選ぶということも重要。
基本的にはコーデの中に3種類以上のカラーが使われていると、まとまりがない印象になります。

シックな衣類には柄入りの靴下が合う

トップスからボトムスまで黒や紺などのシックなカラーでまとめる場合は、柄が入った靴下がよく合います。
例えば黒のセットアップの場合は、チェックやストライプの柄入りの靴下を合わせるなどです。
黒はどのカラーにも合わせやすいですが、なるべく派手なカラーとデザインを選ぶようにしましょう。
衣類を同系色でまとめている場合は、柄が入っていない靴下よりも入っている靴下のほうが抜け感とこなれ感が出ます。
ボトムスの裾はくるぶしより少し上くらいまでまくり上げて、靴下を際立たせるのがおすすめです。

短い靴下であれば、初心者でも挑戦しやすい

靴下コーデとは言え、いきなりカラフルな靴下を取り入れるのは抵抗があるメンズもいるでしょう。
その場合は短めの靴下を選ぶのがおすすめ。
短めの靴下であれば、派手な靴下でも隠れやすいので、初心者の方でも簡単に取り入れられます。
ただし、やはりお洒落を見せたいのであれば、あえてサンダルを履く等、靴下を見せるコーデをすることも大切。
サンダルと靴下を上手く履きこなせる人はお洒落上級者です。
ただし大人の品を感じさせるためには、素材にこだわることが非常に大切です。

靴下を見せるコーデにおすすめのブランド

靴下を見せるコーデをするときの靴下は、デザイン性が高くなければなりません。
こなれ感があるように見せるためには、一般的なデザインとは少し違うデザインの靴下を選ぶことが大切です。
周りの人とは少し違うこなれ感を見せたい大人メンズにおすすめなのが、SOLOSOCKS(ソロソックス)というブランドの靴下。
アシンメトリー柄などの斬新なデザインが豊富なため、ハイセンスなコーデに仕上げることが可能です。
デザインやカラーは派手ですが、北欧デザインならではのしっとりと落ち着いた雰囲気も持ち合わせています。
そのため大人のメンズが身につけても靴下が悪目立ちすることはないでしょう。

大人のメンズも納得の上質な素材

靴下の快適性も大切なポイントです。
足が蒸れたり臭ったりすると、いくらファッションがおしゃれでもマイナスな印象になるからです。
SOLOSOCKS(ソロソックス)はコットンが80%使用されているので、汗を吸収するスピードが速いという特徴があります。
速乾性も高いため、長時間履いていても靴下が蒸れるリスクが少ないのです。
そのため靴を脱がなければならない場所に行ったとしても安心です。
またつま先の部分は他の部分よりも頑丈に縫われているため、靴を脱いだらうっかり指が出ていたという事態も防げます。

ハイセンスなコーデを実現

SOLOSOCKS(ソロソックス)の靴下はデザイン性が高く生地の質も優れているため、品のあるコーデに仕上げることが可能です。
カラーが1色の靴下よりも、こなれ感のあるハイセンスなコーデが実現するでしょう。
例えば青系のボトムスに赤系の靴下を合わせるときも、柄が入っていれば他の人とは少し違うハイセンスなコーデに見えます。
柄は入っていてもどこか落ち着いた印象を与えるため、大人のメンズが合わせてもスタイリッシュに決まるのです。
また左右で柄が違うため、複数枚をまとめて買っておけば毎日表情の違うコーデが楽しめます。

まとめ

おしゃれをする際は、周囲の人が気づきにくい靴下にも気を配ることが大切。
特に大人のメンズは靴下がヨレヨレだったりダサかったりすると、だらしない人、ファッションに無頓着な人という印象が強くなります。
そのため必ず靴下も意識してコーデをするようにしましょう。
靴下の丈は長めを選んで、靴下を見せるコーデをするのがおすすめ。
若々しく見える上に、ファッション通にも見えます。
日頃ダークなカラーの衣類を好むのならば、派手なカラーやデザインの靴下をアクセントカラーとして挟むと良いでしょう。
品質の優れた鮮やかなカラーと刺激的なデザインの靴下を合わせて、上品でスタイリッシュな大人のコーデを完成させてくださいね。

「父の日プレゼント」ビジネスマンの旦那様にはおしゃれ靴下がおすすめ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

New Post

Categories

Date

2020年3月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP